言葉には出さなくても、どうして自分だけ食べられないの?という疑問

こんにちは!店チョです\(^o^)/

メリークリスマス!

大イベントのクリスマスが終わったら、いよいよ年末ですね。

大掃除にお正月の準備と大忙しです(*^^*)

 

 

卵乳製品不使用!安全&めちゃくちゃ美味しいtontonのパン。

検索していたら、出てきたブログ。

読んでみると、なんとtontonのことが書いてあるじゃありませんかっ!

か、感激です・・・ジーン...(≧ω≦。)

 

くらしのきろく
「シンプルなくらし」をめざした日々の記録です。

 

アレルギーがあると、市販のものは食べられないものが案外多くあります。

添加物やお砂糖もあまり良くないと思って避けてきました。

よく「大変だね」と言われますが、親の私はそんなに苦ではありませんでした。

アレルギーがあるからこそ、安心安全な食べ物を選択できて、結果それは息子にとっても良いことだと思っていました。

でも、幼稚園に行くようになり、息子は自分が食べられないものがあること、自分だけ別のものを食べているということに、少しストレスを感じている様子でした。

 

アレルギーについてはきちんと説明してあるので、食べたいと言ってぐずったりすることはありませんが、初めてのものは「これ僕も食べられる?」「たまごと牛乳はいってない?」と聞いてきます。

幼稚園で他の子が食べていた「サンドイッチ」や「巻き寿司」などを「僕も食べたいな。僕食べたことないもん。」なんて言うことも少しずつ増えてきました。

卵が入っているハンバーグを食べている父親に「お父さんそれ食べないでよ」と言ったりすることも。。

 

わかる、わかる。

言葉には出さなくても、どうして自分だけ食べられないの?という疑問。

原材料を気にするようになって、安心・安全の食べ物を選択できるようになった反面、いろんなものを食べさせてあげたいという気持ち。

 

そんな中、tontonを見つけてくださいました。

インターネットって、スゴイ!

 

 

お試しセットをご利用いただいたそうですが、「どのパンもおいしい!」と喜んでいただきました〜♪

喜んでいただけて、とっても嬉しいです(*^^*)

こちらのブログにはコメント欄がありませんでしたので、この場を借りてお礼申し上げます。

 

食べられるということはとっても幸せなこと。

でも、それよりも「みんなといっしょに同じもの」ということのほうが価値がある。

そう思ってます。

今まできっとたくさん我慢してきたでしょうから...

tontonのパン、お役に立てて、本当に嬉しく思います!