tontonのこだわり

ここ数年ある特定の食物を食べただけで健康を害してしまう食物アレルギーのお子様が増えているそうです。
パンは毎日食べるもの、余計な添加物を使わず、卵、牛乳アレルギーの方にもおいしく召し上がって頂きたい。
その思いで毎日焼いてます。 

tontonのこだわり

① 卵・乳製品を使っていません

卵や牛乳にアレルギーのある「アレルギーっ子」たちにもふわふわパンを食べてほしい!
その想いから卵と乳製品を抜きました。

通常、パンを作る時に入れる

  • 味を良くする卵
  • パンの内層をきめ細かくする安定剤としての乳製品

を使っていません。

卵・乳製品が食べられないお子様も、また、離乳食としても、おいしく召し上がれます。

② 軽い口どけ 溶けるような食感

普通のパンは小麦粉に対して水を65%前後入れますが、tontonでは、なんと!!77%以上の水を入れます。
だから、やわらかさ、口どけが違います。

また、生地を作ってから24〜48時間、冷蔵庫内で熟成の時間を取っています。
一般的なパンを違い、この長時間熟成により、なんとも言えない芳醇な発酵の香りと添加物に頼らない保存期間を実現しました。

「こんなに柔らかくてもちもちしたパンは他にない!」「tonton以外のパンは食べられない!」
と言われるtonton中毒者のお客様が続発!

③ 小麦粉の自然な甘味

小麦粉は品質面で定評のあるカナダ産100%です。

カナダの小麦は元々の気候条件から、他の国に比べて昆虫制御のための殺虫剤使用の必要性が低く、予備選別と輸出レベルにおいて厳しい等級付け規格があるため、世界一清浄であると言われています。

CGC(カナダ穀物委員会)では、絶え間なく化学残留物、かび毒、微量元素をモニターしており、厳しい基準を達成していることを情報提供しています。

また、農林水産省のほうでも残留農薬に関して厳しいチェックを3度行われています。 

口に入れると砂糖やバターなどの甘さ、コクでは出せない小麦粉本来の自然な甘味、コクが口の中で広がります。
炊きたてのお米の甘味に似た、飽きのこない味わいです。

小麦アレルギーとは、何が、どう反応するのでしょうか?

使用している小麦粉についての詳しい情報はこちらをご覧ください。
tontonのコラム | tontonの小麦粉は・・・

④ 無添加ショートニング(トランス脂肪酸フリー)を使用

パンに練りこむ油脂は、パーム油、なたね油、大豆油由来のショートニングです。
今、話題の「トランス脂肪酸」を抑えた無添加ショートニングを使っています。
tontonのコラム | トランス脂肪酸とは?

⑤ 防腐剤を使用していません

だから、カビやすいのですが・・・
食べ残ったら、冷凍保存がおススメです。 

召し上がられるときは室温で自然解凍、小さなパンで1時間程度、大きなパンは 2〜3 時間で解凍します。
食パン各種は冷凍のままオーブントースターで焼いても大丈夫です。 

おいしい召し上がり方についての詳しい情報はこちらをご覧ください。
tontonのコラム | おいしい召し上がり方