食品添加物とは

コンビニやスーパーで食品を購入すると、必ず目にする「食品添加物」 テレビや書籍、ネット上でも食品添加物についての危険性が警告されています。

「無添加のものしか食べません。」との声もよく聞かれるようになりましたが、そもそも食品添加物とは何でしょうか?

 

以前当店で使用していた食品添加物。   危険性がないことは確認済みでしたが、イーストフード、大豆由来の原材料を使用しているため、使うのを止めました。

以前当店で使用していた食品添加物。 

 

危険性がないことは確認済みでしたが、イーストフード、大豆由来の原材料を使用しているため、使うのを止めました。

 

食品添加物とは?

食品衛生法では、「食品の製造の過程において又は食品の加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用する物」(4 条2 項)と食品添加物を定義しています。

なんだか難しい表現ですが、簡単に言うと

  • 食品を加工しやすくする
  • 保存性を良くする
  • 見栄えを良くする

ために添加するものと言えそうです。

 

食品と食品添加物との違いは

  • 食品・・・それ自身をそのままで食べることができるもの又は調理をすることによって食べることができるもの
  • 食品添加物・・・食品を作ったり、保存したりするために一定の目的をもって意図的に使われるものです。

このために食品添加物は、原則的には、それ自身を食品として食べることはありません。

 現在、厚生労働省では1500種類以上の食品添加物を指定しています。

指定されていない食品添加物を使用することは禁じられています。

そして、指定された食品添加物を使用した場合、表示義務が定められています。

 

食品添加物の歴史

古代より人間は食品の保存性を良くするために知恵を絞りました。

天日干しにして最近の繁殖を抑えたり、煙でいぶすことで肉を食べやすく保存性をよくしました。

また、1000年以上前から中国より伝わった豆腐やこんにゃくは、「にがり」が使われたり、「消石灰」が使われたりしてきました。

その後の科学技術の進歩に伴い、有効成分だけを取り出せるようになり、さらに近代の合成化学の発達により、有効成分が化学的に合成できるようになりました。

こうして、天然にはわずかしかなかった添加物も、化学的に合成したり、天然物から抽出したりすることで、簡単に利用できるようになったのです。

 

ところが明治以降、有害物質を含む着色料等による中毒事件がたびたび起きたため、昭和23年に食品衛生法が施行され、危険な食品添加物は使用禁止にするという規制がなされました。

その後、昭和32年に食品衛生法が大改正を行い、食品添加物の規格基準が徹底され、その後も見直し、改正されています。

 

食品添加物の分類

日本で認められている食品添加物は4種類に分類されています。

指定添加物

食品衛生法に基づき厚生労働大臣が指定するもの

既存添加物

既に日本で広く使用されており、長い食経験があるもの

一般飲食物

添加物 一般に飲食されているもので、添加物としても使用されるもの

天然香料

動植物から得られる天然物質で、食品に香りを付ける目的で使用されるもの

 

当然ですが、添加することにより粗悪な食品をごまかしたり、食品の栄養価を低下させたりする物質は、指定されません。

また、病気の治療や医療効果を目的とするものも認められません。

 

食品添加物の安全性の評価

いくら保存性が良くなったり見栄えが良くなったりしたとしても、害がないものでなければなりません。

厚生労働省では、ラットやマウスなどの動物実験で、食品安全委員会や国際的な機関が 無害と確かめた量(無毒性量)の通常1/100の量を、食べ物に使うことのできる添加物の量としています。

また、食品添加物に有害な不純物が含まれていると、その不純物によって健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

 

そこで、食品添加物の純度や添加物を製造するときに生じた副産物やヒ素、重金属など有害な不純物の上限値などの「成分規格」を定めています。

さらに、種類によっては、その食品添加物をたくさん含む食品を大量に食べると、健康に悪い影響が出る可能性があります。

どの食品にどのくらい使っていいのか、「使用基準」が定められています。

 

簡単にまとめると・・・

難しいことをたくさん書いたので、頭がクラクラしてしまいますが、簡単にまとめると

食品添加物とは・・・

  • 食品を加工しやすくしたり保存性を良くしたり見栄えを良くするために使うもの。
  • 天然のもの、合成のものを含めて4種類に分類されていて、厚生労働省で指定されている食品添加物以外は使用できない。
  • 動物実験を行い、安全を確認している量の1/100の量を、食べ物に使うことのできる添加物の量としている。

 

ここまで調べてみると、現在の日本では、基本的に食品添加物に危険性はないと結論づけてもよさそうです。

ですが、ほとんどの方は「食品添加物は危険!」と感じられているという現実。

もっと深くこのことについて考えてみたいと思います。