アレルギー対応でもクロワッサンがサクサクのわけ

よく、「卵もバターも使わずに、どうやってクロワッサンを作っているのですか?」と質問をいただきます。

あの、普通に作っているだけなんですけど(笑)

普通と違うといえば、バターじゃなくって秘密の油脂で作っているところ?

 

卵、乳アレルギー対応のパン生地に油脂を包んで、折っていきます。

 

延びたら3つ折りにして、これを3回繰り返します。

 

で、3角に切って・・・

 

巻き巻き。

 

焼きたてです\(^o^)/おいしそう〜♪

 

なんでサクサクになるかというと・・・

 

油脂がパンをサクサクにしているわけではなくって、油脂の中の水分が焼いている時に沸騰して生地を持ち上げるので、きれいな生地の層になるっていうわけ。

ということは、サクサクに作るには、油脂を均等にまんべんなく入れることがポイントとなります。

これって、延ばす機械がないと難しいかも。

 

お家でうまく作るには、かなりの技術が必要です。

ちなみに店チョはうまく作れません(笑)

ということで、アレルギー対応でもクロワッサンがサクサクのわけでした〜(^^♪