ベーキングパウダーのアルミニウム、危険性は?

「ベーキングパウダーが危険な添加物と聞いたのですが、使われていますか?」

最近ベーキングパウダーについてのお問い合わせが多くなりました。

問題とされるのが、ベーキングパウダーの成分、「ミョウバン」これは硫酸アルミニウムのことで、アルミニウムの安全性について、以前から認知症 (アルツハイマー病) との関連が議論されていました。

また、ホットケーキやパウンドケーキを週に1個食べるだけで、幼児ではアルミニウムの取りすぎになってしまう場合があることが東京都健康安全研究センターが発表しました。(WHOではアルミニウムの1週間の暫定耐容摂取量(PTWI)として1mg/体重1kgとしています。)

 

インターネットを通じて「アルミは食べちゃダメ!」という情報が広まったんですけど、最近になってアルミニウムが口に入ってもほとんどすべて体外に排出されることが確認されました。

また、アルツハイマーになるという説も現在は否定されています。

でも、一度広がった風評。そう簡単に消えるものではありません。添加物と同じ道を歩みそうです。

 

アルミニウムは地球上では最も大量に存在する金属で、土の中にも主成分と言ってよいほど、たくさん存在しています。

野菜など食物の中や飲料水にも多くの量が含まれていて、知らない間に大量に摂取しています。

現在では、アルミニウムの危険性はないと考えて良さそうです。

 

と言っても、入ってるより入っていないほうが安心ですよね。

当店で使っているのは、こちらのベーキングパウダーです。

 

アイコク 赤プレミアム

アイコク 赤プレミアム

アルミ不使用です。

アルミ不使用です。

 

こちらのベーキングパウダーを使っている商品はこちら

メロンパンとミニメロンパンのクッキー生地に使っています。

メロンパンとミニメロンパンのクッキー生地に使っています。

 

入っているより入っていないほうがいい。

トントンではどんどん色んな物を入れない方向に進んでいます。

そのうち何も使えなくなって、パンが作れなくなちゃったりして(笑)