パンを冷蔵ではなく、冷凍でお届けする理由

パンを冷凍ではなく、冷蔵で送っていただけませんか?冷凍だとすぐに食べられないし、味が落ちてしまう気がします。

お客様よりお問い合わせをいただきました。

冷凍配送と冷蔵配送、どちらがパンにとって良い配送方法なのでしょうか?

結論から言うと、冷凍でお届けすることが一番おいしい状態でお届けできる手段と考えています。

 

パンの主成分はデンプン

冷凍パンの解凍方法

デンプンは常温でも固くなっていきますが、冷蔵の温度帯(0℃〜4℃)が一番固くなりやすいです。

デンプンが時間とともに固くなっていく現象を「デンプンの老化」といいます。

デンプンの老化は、水分が抜けることで起こります。

 

デンプンを冷凍すると、水分が氷になることで老化が止まります。

パンはもちろん焼きたてが一番おいしいですが、焼けた瞬間から水分が抜けていきます。

水分が味のポイントとなるわけなので、焼き立て当日でない限りは、保管は冷凍が一番適しています。

 

パンもご飯も、味はデンプンの質で決まる

なぜトントンのパンは甘いのか?

お米は炊きたてが一番おいしいです。

それは、お米の中のデンプンにたくさん水分が含まれているから。

でも、時間が経つと固くなってボソボソになってしまいます。

 

それは、デンプンが抱えている水分が出ていってしまいから。

水分が出ていかないように、ご飯は冷凍保存されていると思います。

冷蔵保存するよりも、冷凍保存してチンして食べるほうがおいしいからです。

 

パンもご飯と一緒

パンを冷蔵ではなく、冷凍でお届けする理由

冷蔵保管すると、水分が一気に失われて、固いボソボソのパンになってしまいます。

焼きたて同様のおいしさを保った状態で召し上がっていただくために、冷凍して老化の時間を止めているというわけです。

これは、トントンのパンだけではなく、市販のパンも同じです。

その日に召し上がらないのであれば、冷凍保存をおすすめします。

 

パンを冷蔵ではなく、冷凍でお届けする理由

パンを冷蔵ではなく、冷凍でお届けする理由

それは、パンの鮮度を保つためです。

冷凍で届くと、すぐに召し上がっていただくことはできませんが、パンは常温においておくとすぐに解凍します。(1〜3時間程度)

冷凍パンが普及していないため、とても違和感を感じられるかもしれません。

しかし、味をなるべく落とさず、防腐剤などの添加物も必要のない保存方法は、冷凍するありません。

パンを冷凍保存してお届けすることは、おいしく召し上がっていただくための最善の方法だと考えています。

 

 

初めての方はこちらをご覧ください

普通のパン屋だった当店が、なぜアレルギー対応パンを作り始め、専用のパン工場を作ることになったのか?

普通のパン屋だった当店が、なぜアレルギー対応パンを作り始め、専用のパン工場を作ることになったのか?

お買い物の流れ、発送について、送料について、お支払い方法などの詳しい情報はご利用案内をご覧ください。

お買い物の流れ、発送について、お届けについて、お支払い方法などの詳しい情報はご利用案内をご覧ください。

アレルギー対応パン工場直販店のご案内

店舗情報

〒923-0852 石川県小松市南浅井町イ103-12

営業時間:平日11:00〜16:30

定休日:土日祝日

TEL:0761-58-0554

FAX:0761-58-0564

交通のご案内:国道8号線東山ICより車で3分

           

アレルギー対応パン工場直販店のご案内

メールでしか受け取れないお得な情報

メールマガジンのご登録で、限定商品のご招待、新商品や試作品のモニターの募集、アレルギーに関する最新情報のご案内します。

また、ノベルティグッズ・電子書籍など、プレゼントのご応募いただけます。

株式会社トントンハウス facebook twitter youtubeチャンネル Instagram LINE