冷凍パンの解凍方法

「届いたパンは、冷蔵庫で解凍するのと常温で解凍するのとどちらが良いですか?」

よく聞かれます。

結論から言うと、常温で解凍することをおすすめします。

 

なぜ冷蔵より常温のほうがいいのか?

パンの主成分は、ご飯と同じ「デンプン」です。

デンプンは、0〜4℃くらいの温度帯が一番水分が抜けやすい性質を持っています。

水分が抜けると、デンプン同士がくっつきあって、味のない、ぱさついた食感になります。(デンプンの老化といいます)

 

また、冷蔵庫内はとても乾燥しています。

袋に入っていたとしても、袋自体は空気を通すので、パンの水分は徐々に抜けていきます。

温度だけではなく、乾燥もデンプンを劣化させる原因になりますので、冷蔵庫はパンにとって一番美味しくなくなる場所なんです。

冷凍パンの解凍方法

トントンのホイップクリームパンで試してみました。

冷凍パンの解凍方法

冷蔵庫で解凍すると、デンプンが老化してパンが固くなってしまいます。

冷凍パンの解凍方法

冷凍庫から出したばかりのホイップクリームパン。

冷凍パンの解凍方法

解凍後の賞味期限はラベルに記載してあります。

解凍すると、時間が経つごとにデンプンは劣化していきますので、なるべくお早めにお召し上がりいただくことをおすすめします。

冷凍パンの解凍方法

常温で2時間解凍しました。ふわふわに戻っています。

冷凍パンの解凍方法

クリームも全く問題ありません。おいしい!

 

室温で解凍…全く問題ありません

焼きたてパンの味が落ちないように、瞬間冷凍して鮮度を保った状態で保管できる冷凍パン。

解凍の仕方があまり良くなくて、味が落ちてしまうとしたら台なしです。

 

もし、朝ごはんにパンを召し上がるのなら、就寝前に冷凍庫から常温に出しておくだけでOKです。

解凍したパンは、スーパーやコンビニで販売されているような袋売りのパン同じと考えていただいて大丈夫です。

一晩でカビたり傷んだりすることはありませんので、ご安心ください。

 

温める時間があるのなら、解凍せずにオーブントースターやグリルで温めることで、より焼きたてに近い味に戻ります。(クリーム系のパンは除きます)

一度お試しくださいね。

 

冷凍パンを焼き立てパンに戻す方法

冷凍パンを焼き立てパンに戻す方法

 

 

初めての方はこちらをご覧ください

普通のパン屋だった当店が、なぜアレルギー対応パンを作り始め、専用のパン工場を作ることになったのか?

普通のパン屋だった当店が、なぜアレルギー対応パンを作り始め、専用のパン工場を作ることになったのか?

お買い物の流れ、発送について、送料について、お支払い方法などの詳しい情報はご利用案内をご覧ください。

お買い物の流れ、発送について、お届けについて、お支払い方法などの詳しい情報はご利用案内をご覧ください。

アレルギー対応パン工場直販店のご案内

店舗情報

〒923-0852 石川県小松市南浅井町イ103-12

営業時間:平日11:00〜16:30

定休日:土日祝日

TEL:0761-58-0554

FAX:0761-58-0564

交通のご案内:国道8号線東山ICより車で3分

卵・乳製品を一切持ち込まないアレルギー対応パン工場の直販店。アレルギー対応なのに、ふわふわの焼きたてパンが買えるお店です。たくさんご購入いただいても大丈夫。冷凍販売も対応しています。

お問い合わせはこちら

メールでしか受け取れないお得な情報

メールマガジンのご登録で、限定商品のご招待、新商品や試作品のモニターの募集、アレルギーに関する最新情報のご案内します。

また、ノベルティグッズ・電子書籍など、プレゼントのご応募いただけます。

お送りしたメール最下部よりいつでも受信を一発解除することができますので、試しにご登録してみてくださいね。

株式会社トントンハウス facebook twitter youtubeチャンネル Instagram LINE