冷凍パンの保存方法

「パンに冷凍庫の臭いがつくんですけどどうしたら良いですか?」

よくいただく問い合わせです。

パンに限らず、冷凍商品は保管方法によって冷凍庫の臭いが移ってしまうことがあります。

 

 

冷凍庫の臭い移りの3つの原因

原因1冷凍庫内が汚れている

そればっかりはしょうがないです(笑)

掃除をしましょう。

 

原因2温度が安定していない

冷凍庫の開け閉めが激しいと、庫内がプラスの温度帯になって解凍します。

「ものが凍る」とは、ものの中の水分が凍るということ。

解凍すると氷が水になり外に出てきます。

そして氷だったところが空洞となり、臭いを含んだ空気が入り込みます。

 

原因3冷凍用の袋を使っていない

実は、袋には冷凍に適した袋と適していない袋があります。

スーパーでもらえるようなシャバシャバの袋は空気を通すので、冷凍保存には適していません。

ジップロックなどの冷凍用の保存袋に入れると、空気を通しづらいので、臭い移りが少なくなります。

 

冷凍庫の臭い移りを防ぐには

「一枚一枚丁寧にラップをして、冷凍してください」とよく伺います。

それでもいいですが、冷凍に向かないラップがあるということと、隙間なくぴったりに密封することが難しいため、ジップロックなどの冷凍用の保存袋に入れることをお勧めしています。

冷凍用の保存袋は空気を通しづらいので、臭い移りが少なくなります。

 

トントンのパンを含め、冷凍食品は冷凍用の袋に入って密封されています。

封を開けず冷凍状態を保っていれば、臭いが移ることはありません。

しかし、一度封を開けると空気が入ってしまいます。

 

パン袋そのままでもいいので、冷凍用の袋に入れて冷凍保存されることをお勧めします。